プロフィール

癒やし処・蓮のサイトをご覧いただき、ありがとうございます。
初めまして、セラピストの鈴木孝美です。

1966年生まれ 茅ヶ崎在住

2002年35才の時にリフレクソロジストとしてデビュー

20代に右ヒ骨(すね)骨折、ぎっくり腰。
30代に左膝前十字靱帯断裂、外側半月板損傷。
ケガをきっかけに鍼治療やマッサージを受け始め、
人の手で癒やされる気持ち良さを知る。

30才の時にリフレクソロジーを知り、その後RAJA1年コース入校。
スクールでは、リフレクソロジーを中心にアロマ、ハーブ、カウンセリングや医学的な事を学ぶ。その他、タクティールケア、タイ式マッサージ、フェイシャル、スリミングケアなど様々な施術法も学ぶ。

卒業後はスクール直営サロン、箱根のリゾートホテルにて経験を重ね、
セラピストとして8年目を迎えた2009年
茅ヶ崎に女性専用リラクゼーションサロンオープン。

今まで学んできた事と沢山のケガの経験を活かし、
「痛みがわかるセラピスト」として
お客様の不調が少しでも
『らく』になっていただけるよう
心を込めて施術させていただきます。